ドリーム・トラスト株式会社

医療、AED、酸素濃縮機、グループホーム開業コンサルタント&コインランドリービジネス

ドリーム・トラスト株式会社

商品紹介

感染症検査

肝炎もHIV感染も、特別な病気ではありません。性別・年代問わず、リスクがあります。
HIV感染は感染の可能性があった日から、3カ月以上経過すると検査で確認が可能。
早期発見・早期治療で、自分の体を守りましょう。

HIVセルフチェック

感染症検査

HIVセルフチェック

エイズウイルス感染後のHIVスクリーニング検査です。
※この他にお名前・ご住所の記入が不要なHIV匿名検査キットもございます。詳しくは営業担当まで。

製品のご説明

HIVに感染すると体内にHIVに対する抗体が産生されるため、血液中のHIVに対する抗体があるかどうかを調べる検査です。

HIV抗体検査は通常2回の検査を行います。1回目はスクリーニング検査で、2回目は確認検査です。
なぜ2回の検査が必要かと言うと、HIV抗体スクリーニング検査ではHIVに感染していないのにもかかわらず、たまたまHIV抗原と反応する抗体を持っていて、検査結果が偽陽性(にせの陽性)となる人が通常1000人に2~3人位いるのです。そのため抗体スクリーニング検査で陽性の場合は、本当にHIV感染による陽性か偽陽性かを確認する必要があるからです。

この検査で陽性となった方には、医療相談サービスを準備しています。

検査項目

  • ・HIV抗体(エイズウイルス感染の指標)
B型+C型肝炎セルフチェック

感染症検査

B型+C型肝炎セルフチェック

B型、C型肝炎は輸血、注射針の使いまわし、針刺し事故などが主な原因と言われています。輸血や手術の経験がある方にお勧めします。

製品のご説明

現在、慢性肝炎の70~80%がC型肝炎によるもので、患者数は約150万人といわれています。
B型、C型肝炎はウイルス性肝疾患で、輸血、注射針の使いまわし、針刺し事故などが原因といわれています。

エイズウイルス、B型、C型肝炎ウイルスは主に血液や体液を介して感染します。
また、症状が出るまでに時間を要する場合もございますので、特に輸血や手術の経験がある方は、一度は検査してみることをお勧めします。

検査項目

  • ・HBs抗原
  • ・HCV抗体
B型+C型肝炎+HIVセルフチェック

感染症検査

B型+C型肝炎+HIVセルフチェック

エイズウイルス、B型、C型肝炎ウイルスは主に血液や体液を介して感染します。症状が出るまでに時間を要する場合もあります。

製品のご説明

現在、慢性肝炎の70~80%がC型肝炎によるもので、患者数は約150万人といわれています。
B型、C型肝炎はウイルス性肝疾患で、輸血、注射針の使いまわし、針刺し事故などが原因といわれています。

エイズウイルス、B型、C型肝炎ウイルスは主に血液や体液を介して感染します。
また、症状が出るまでに時間を要する場合もございますので、特に輸血や手術の経験がある方は、一度は検査してみることをお勧めします。

検査項目

  • ・HBs抗原
  • ・HCV抗体
  • ・HIV抗体

製品の使い方を動画で見る

DEMECALの新しい取り扱い説明ビデオです。

画面をクリックすると動画が再生されます。